国家資格の一覧をチェックしよう|活躍の場をグングン広げる

婦人

確かな知識と技術が必要

歯医者

養成校でしっかり学ぶ

歯科技工士は国家資格です。国家試験を受けるためには、全国にある歯科技工士の養成校で専門課程を履修し、卒業する必要があります。その後に国家試験を受けて合格したのち、厚生労働大臣認定の登録機関に申請することで歯科技工士免許が交付され、資格を取得できたことになります。養成機関は四年制大学、短大、3年制と2年制の専門学校があります。2校ある四年制大学は国立大学で、学費は220万ほど。専門学校は学校によって開きがありますがだいたい250万〜350万程度かかります。これ以外にも教材費などがかかります。歯科技工士は歯科医師の指示書に従って患者の口の中に入れるもの作るのが主な仕事です。作成する内容は、クラウンと呼ばれる歯の被せ物や、総義歯、局部義歯、歯の充填物、矯正装置、インプラントなどです。また作成した歯科補綴物や装置の調整も行います。高水準の作成技術と高度な知識が必要となります。資格取得後の主な就業先は歯科技工所です。歯科医院からの注文に従って作成、納品までを行います。また作成したものに問題が起これば修理や調整も行います。資格を所有していれば、歯科技工所で経験を積んだ後に独立開業することも可能です。歯科技工所の他に、歯科医院によっては歯科技工士を採用しているところもあります。その場合は歯科医師に直接指示を受けて、細かなところまで打ち合わせしながら作成でき、患者に装着して違和感があるようなら微調整が行えるため、より患者によりそった物を作ることができます。その他、歯科がある病院の歯科技工室や歯科器材メーカーなども活躍の場となります。